Dialogues With Water

about "Dialogues With Water" Project
「水との対話」プロジェクトについて


常に変わらないようにあるのだが、絶え間なく変化しつづける水。気候変動がもたらす自然災害といった、私たちが今生きる世界の特有の問題を内包すると同時に、水は、人間と地球の関係性を表す最も普遍的な、原始的な意味を持つ、風景において最も謎が多い現象ではないでしょうか。自然と人間の関係、風景をめぐる想像力、そこから生まれる物語、それを全て抱く象徴と言えます。「Dialogues With Water / 水との対話」プロジェクトは、世界の様々な水と対話をするべく、アーティスト、エレナ·トゥタッチコワを主宰に、2020年夏からスタートしました。

第一弾として、2020年8月には、「Kyoto Waterscapes I (京都ウォータースケープス I )」というワークショップシリーズを行いました。
京都では、水は様々な意味を持っています。川の水、疎水の水、庭園の水、井戸や銭湯など生活の水、豆腐屋など産業の水。物理的に異なる流れとして現れるのだが、文化、地理、また表現として、水は様々な形として表れます。
トゥタッチコワが2019年4月以降から取り組んでいるリサーチから派生した「Kyoto Waterscapes I」は、水と音と歩行をキーワードとしたプロジェクトです。3回のワークショップでは、講師や参加者と共に町を歩きながら、京都の水の音環境·音風景の調査をして制作しました。
「Kyoto Waterscapes II」は、2020年春から再スタートする予定です。

「水との対話」は、京都にとどまらず、これからは様々な土地、様々な人へと繋がっていきます。
今後も、フィールドワークをしながら、音を通して風景をめぐる想像力、風景が持つ物語を探っていきます。

©︎Elena Tutatchikova, Dialogues With Water Project